セキュリティ

ClaimVantageでは、セキュリティとコンプライアンスを第一に考えています。当社では、Salesforce Lightning Platformをベースとし、ISO 27001およびSAS70 Type IIに準拠したデータセンターでホスティングされる安全んなクラウドベースの製品を幅広く提供しています。

データ保護

SOC 2

米国公認会計士協会(AICPA)のSOC(Service Organization Controls)報告書は、データの取得、保存、処理、移転に関する統制環境に保証を与えます。この報告書では、IT全般の統制と顧客データの可用性、機密性、セキュリティに関する統制を対象とし、毎年2回発行されます。

SOC Type 2報告書は、顧客データのセキュリティ、可用性、機密性に関する統制を対象としています。ClaimVantageの監査はBaker Newman Noyesが務め、SOC 2認証が付与されました。

Salesforce ISV Partner 

ClaimVantageソフトウェアソリューションは、Lightning Platformをベースとしており、当社はSalesforce Gold ISV Partnerに認定されています。このプラットフォームでは、定期的に更新され、サードパーティアプリケーションと柔軟に統合でき、貴社の成長に対応して拡張可能なソフトウェアをお客様に提供できます。

Salesforceは、顧客の信頼を勝ち取りそれを維持することに取り組んでいます。同社のミッションに欠かせないのは、顧客からサービス部門に提供されるデータ(「顧客データ」)を含む、サービススイート全体でデータ保護問題を慎重に考慮する堅牢なセキュリティおよびプライバシープログラムを提供することです。

Salesforceは、自社のインフラストラクチャのセキュリティと復元力に多大な投資を行っています。そのデータセンターオペレーションは、ISO 27001およびSAS70 Type II監査認証を取得しました。Salesforce.comは、TRUSTe Web Privacy SealおよびTRUSTe EU Safe Harbor Sealの認定ライセンシーであり、EU Safe Harbor Frameworkを遵守しています。また、きめ細かいネットワークと物理セキュリティメカニズムを整備しています。

Salesforceのセキュリティとコンプライアンスに関する詳細は、ここをクリックしてください。